相野々ダム

2018/04/09

6/6、秋田県横手市、相野々ダムに行ってきました。
2回目。(→前回)


f:id:kazu_ma634:20160725215325j:image:w400
ほのぼのとしたアースダム*1。


f:id:kazu_ma634:20160725215326j:image:w400
天端*2。


f:id:kazu_ma634:20160725215327j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20160725215328j:image:w400
AM4時過ぎのダム湖。


f:id:kazu_ma634:20160725215329j:image:w400
AM4:30、ほんのり朝焼け。


f:id:kazu_ma634:20160725215330j:image:w400
ダムを後ろから。


f:id:kazu_ma634:20160725215331j:image:w400
取水塔。

*1:おもに土を使って造られたダム、規模は小さく貯水池や調整池として使用されることが多い

*2:ダムの一番上の部分

イトーヨーカドーの中に入ってるレストラン、ファミールさん♪

うさちゃん:「昔から家族でよく行ってるレストランは落ち着きます♪」

豚しゃぶ定食〜♪

f:id:pinkstrawberryflavor:20170820110720j:image

抹茶大福♪

f:id:pinkstrawberryflavor:20170820110742j:image

妖怪抹茶大福さん:「ぐっぐおぁぁぁぁ」

うさちゃん:「やめな!」

f:id:pinkstrawberryflavor:20170820110800j:image

お前もな!!

f:id:pinkstrawberryflavor:20170820110815j:image

ポチっと1日1票応援お願いしま〜す!

↓ ↓ ↓


人形・ぬいぐるみランキングへ

いつもポチ!ありがとうございます♪

f:id:gaku-tokyo:20150809004410j:plain

 Q 「神戸ときめき商品券」とは何か。

 A 神戸ときめき商品券の発売が8月17日に迫っている。神戸ときめき商品券とは、束になった1冊を1万円で購入すれば1万2000円分の買い物ができる商品券のことだ。1冊購入するごとにスクラッチカードが手渡され、当たりだとさらに500円または1000円の、商店街や町の市場だけで使える商品券が当たる。45万冊を発行する予定で、発行するのは神戸市だ。売り切れ次第販売を終了。使えるのは11月30日まで。「多子世帯」「ひとり親家庭」には、7日から先行で、割引販売も始めている。(写真は「神戸ときめき商品券」の見本=神戸市のホームページより)

 Q 何のために発行するのか。

 A 神戸市は「地元消費の拡大と地域経済の活性化を図ること」が目的だと説明している。つまり景気対策だという。しかし、日銀神戸支店によると、神戸市を含む兵庫県の個人消費は回復局面だ。はたして本当に対策が必要な時期かどうかは分からない。また、こうした商品券に経済を活性化する効果があるのかに疑問も残る。商品券を使って消費を促しても、たとえば生鮮食品なら必要以上には購入しないだろう。家具や家電といった耐久消費財も、将来の需要を先食いするだけだとの指摘もある。

 1999年に政府は高齢者などを対象に「地域振興券」という商品券を無料で配布して個人に消費を促した。だがその後、家計の支出が伸びた形跡は見当たらない。大きな経済効果はなかったというのが一般的な評価だ。結局は公共事業などの政府支出を増やし、2000年のIT(情報技術)バブルまで時間稼ぎをした形になった。2009年の「定額給付金」も同様の評価が多い。

 Q なぜ「2割お得」の商品券を発行できるのか。

 A 政府が、お得な割り増し分(プレミアム)の財源を手当てしたからだ。政府は昨年12月27日に緊急経済対策を閣議決定し、明けて今年1月には補正予算を閣議決定した。このうち自治体に交付する「地域住民生活緊急支援のための交付金」の使い道について政府は「消費喚起効果が高いものを推奨」と説明。例の1つとして「プレミアム付き商品券」を挙げた。このため多くの自治体がプレミアム付き商品券の発行に動いたようだ。

 Q 神戸市以外の自治体でも発行しているのか。

 A 政府の施策もあって今年は97%の自治体がプレミアムが付いた商品券を発行するという。1〜3割のプレミアムが一般的のようだ。大阪市の「大阪市内で買いま商品券」は、ほぼ神戸市と同じ内容。1万円で1万2000円分使える商品券だ。ただ、これまでも自前の予算で発行していた自治体は少なくない。たとえば、2割のプレミアムが付く奈良県の「せんとくんプレミアム商品券」は、このところ毎年、発行されている。

 商店街や市場など利用できる店を限定することで、実質的にはプレミアム分が商店街や市場などへの補助金になる。自治体は「シャッター通り」への対策や、地元のにぎわいを維持するために現存する商店が閉店しないよう、資金を振り向きてきた。そうした補助金が、たとえば神戸市の三宮や元町の高架下で、店舗の新陳代謝を促し、若者向けの店も増えた現在のようなにぎわいを創出できるのかは分からない。

 Q どこで購入や利用ができるのか。

 A 市内の200カ所で販売する。利用できるのも市内の店舗で、店頭に商品券が利用できると分かるよう掲示される。販売場所や利用できる店舗は商品券のホームページで検索できる。1回の購入で6冊までしか買えない。利用する際も店舗を選ぶだけでなく、お釣りが出ないことや、タバコには使えないことなどに注意が必要だ。

訴状と同時に提出した書証。



 

号 証

標     目

 

(原本・写しの別)

作 成

 

年月日

 

作 成 者

 

立 証 趣 旨

 

備考

 

1

 

履歴事項全部証明書

 

原本

 

H28.8.

 

〇〇法務局登記官

 

被告の登記事項について

 

 

甲2の1

 

 

通帳

 

写し

 

H25.10.H27.7.

 

〇〇銀行

 

平成26年10月分から同年12月分、平成27年4月分原告の賃金の額、内訳等

 

 

甲2の2ないし22

 

給与明細書

 

写し

 

H27.1~H28.10

 

被告

 

平成27年1月分から同年3月分、同年5月分から平成28年10月分の原告の賃金の額、内訳等。

 

 

甲3

 

雇用契約書

 

写し

 

H28.7頃

 

被告

 

被告が、原告に対し、給与構成を不利益変更する雇用契約書を交付してきたこと。

 

 

甲4

 

雇用契約書締結に関する要望兼質問書

 

写し

 

H28.8.

 

原告、別

松田、磯

 

原告が、雇用契約書(甲3)記載の不利益変更に応じることはできず、雇用契約書(甲3)記載の労働条件が従前の労働実態と整合しないため、雇用契約書(甲3)についての修正要望と質問をする書面を被告に交付したこと。

 

 

甲5

 

「雇用契約書締結に関する質問書」に対する回答

 

写し

 

H28.8.

 

被告

 

被告が、給与構成の変更は、労基署の指導により、他社並みにとの指導からおこなったこと、殆どの住宅・不動産会社が営業社員へ残業代を手当しないが、今回の労基署の指導により固定残業代を設けるこなどを内容とする回答書面を原告らに交付したこと。

 

 

甲6

 

要望兼追加質問書

 

写し

 

H28.9.

 

原告、別訴原告松田、磯野ら

原告が、被告の回答(甲5)が不十分であり、納得できなかったため、追加の質問を記載した書面を被告に交付したこと。

 

 

 

7

 

就業規則

 

写し

 

H21.10頃

 

被告

 

被告の所定労働時間等

 

 

甲8の1

 

営業設計部 業務標準書

 

写し

 

H26.9.

 

後藤部長

 

被告が、原告ら営業設計部員に求めた仕事内容等(平成26年9月版)

 

 

甲8の2

 

営業設計部 業務標準書

 

写し

 

H27.7.

 

後藤部長

 

被告が、原告ら営業設計部員に求めた仕事内容等(平成27年7月版)

 

 

甲8の3

 

営業設計部 業務標準書

 

写し

 

H28.3.

 

後藤部長

 

被告が、原告ら営業設計部員に求めた仕事内容等(平成28年3月版)

 

 

甲9

 

業務日報(原告保管のデータを印刷したもの)

 

写し

 

H26.9.21からH28.10.7まで

 

原告

 

原告の日々の仕事内容

原告が日々の仕事内容を被告に報告していたこと等

 

 

甲10の1ないし25

 

タイムカード

 

写し

 

 

H26.9.21からH28.10.8

 

 

原告、被告

 

原告の労働時間等

 

 

甲11

 

退職願

 

写し

 

H28.10.7

 

原告

 

原告が、被告に対し、退職年月日については「有給休暇、代休の消化後」、退職理由については「一身上の都合による。」という内容の退職願を提出したこと。

 

 

甲12

 

解雇予告通知書

 

原本

 

H28.10.8

 

 

被告

被告が、原告に対し、同月9日限りでの解雇を通知したこと。

 

 

甲13

 

解雇理由証明書

 

原本

 

H28.10.11

 

被告

 

被告が主張する解雇理由。

 

 

甲14の1

 

通知書

 

写し

 

H28.10.

 

原告訴訟代理人弁護士

 

原告が、原告訴訟代理人弁護士を介して、被告に対し、未払賃金等を請求したこと等。

 

 

甲14の2

 

郵便物等配達証明書

 

原本

 

H28.10.

 

日本郵便株式会社

 

甲14の1の通知書が平成28年10月◼日に被告に到達したこと。

 

 

甲15

 

ご連絡

 

写し

 

H28.11.

 

原告訴訟代理人弁護士

 

原告が、原告訴訟代理人弁護士を介して、被告に対し、未払残業代の金額を示して改めて支払いを請求したこと。

原告が、原告訴訟代理人弁護士を介して、被告に対し、ワンオペの日の休憩時間をゼロとするからワンオペの日を開示するように求めたこと。

原告が、原告訴訟復代理人弁護士を介して、被告に対し、法定休日を明らかにするように求め、法定休日が明らかになった後、休日割増分も請求予定であると主張したこと。

 

 

甲16

 

受任通知

 

写し

 

H28.11.

 

被告代理人

 

被告代理人から、受任した旨と裁判での解決を考えている旨の通知が届いたこと。

 

 

甲17の1

 

メール

 

写し

 

H26.10.

 

後藤部長

 

後藤部長が甲8の1の業務標準書を原告ら営業設計部員に周知したこと。

 

 

甲17の2

 

メール

 

写し

 

H27.7.

 

後藤部長

 

後藤部長が甲8の2の業務標準書を原告ら営業設計部員に周知したこと。

 

 

甲17の3

 

メール

 

 

H28.3.

 

後藤部長

 

後藤部長が甲8の3の業務標準書を原告ら営業設計部員に周知したこと。

 

 

甲18

 

判決文(最高裁判所平成26年1月24日判決)

 

写し

 

H26.1.24

 

最高裁判所

 

最高裁が事業場外みなし労働時間制について判示した内容

 

 

甲19

 

判決文(東京高等裁判所平成23年9月14日判決)

 

写し

 

H23.9.14

 

東京高等裁判所

 

東京高等裁判所が事業場外みなし労働時間制について判示した内容。

 









下北沢ガーデンで行われた桜エビ〜ず×いぎなり東北産のツーマンライブを見てきました。

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170326111615j:plain

 

 

前日に体調を崩したもののどうにか回復して行きました。

 

 

 

 

ライブレポの前に今回の箱、下北沢ガーデンについて。

 

 

インターネットで調べたところによると、下北沢で最大規模の箱だとか。

 

 

下北沢は小さなライブハウスが多いらしいですが、そんな中で600入る箱はなかなかないみたいです。

 

 

というわけで、ライブハウス自体は綺麗でとてもよかったんですが、なんせ通路が狭い。

 

 

廊下は人3人並べるくらい、階段は2人並んで狭く、すれ違うのもちょいと面倒です。

 

 

まぁ会場に入っちゃえば気にすることはないんですけどね。

 

 

 

 

 

さて本題のレポへいきましょうか。

 

 

セトリ

※東北産は9人ですが、途中小学生を除く6人、藤井の時の(?)5人(これは合ってるかわからない)、藤谷美海を除く8人、小学生組、伊達・桜ペアの場面があります。そこは人数表記をしてあります。

 

 

1部

 

梅(東北産)

オーマイゴースト(東北産・6人)

売れたいエモーション(東北産)

放課後ゲタ箱(桜エビ)

僕らのハジマリ(桜エビ)

こころ予報(桜エビ)

(MC・自己紹介)

天下一品(東北産)

ザ・ティッシュ(桜エビ)

(MC)

はっぴースキップジャンプ(桜エビ)

オスグッド・コミュニケーション(桜エビ)

頑張ってる途中(東北産・8人)

永遠に中学生(東北産・8人)

(MC・水飲み一言対決)

ワンダフル東北(東北産)

嘘とライラック(桜エビ)

(MC)

夢幻歌劇(全員)

(MC)

 

 

2部

 

ワンダフル東北(東北産)

はっぴースキップジャンプ(桜エビ)

(MC・自己紹介)

ちゃんと走れ(東北産・8人)

コノウタ(東北産・5人)

えびぞりダイアモンド(桜エビ)

初恋模様(桜エビ)

(MC・キャプテン責め)

仮契約のシンデレラ(桜エビ)

オスグッド・コミュニケーション(桜エビ)

こころ予報(桜エビ)

労働讃歌(東北産・8人)

トリプルセブン(東北産・小学生組)

天下一品(東北産)

(MC)

Believe(桜エビ)

(MC)

花は咲く(伊達・桜)

(MC)

夢幻歌劇(全員)

 

 

1部の東北産はカバー曲はエビ中縛り。

 

 

なのでお互いの持ち曲以外はエビ中曲のみという内容でした。

 

 

2部は半ば強引なセトリだったようにも感じます(せめてBelieveと花は咲くを逆にすべきだった)

 

 

まぁ2部は全体的に(?)盛り上がったしいいのかも?

 

 

 

 

1部で特に露呈したのはMC力不足。

 

 

完全に桜エビは水春、東北産は葉月に頼りきりになっていました。

 

 

会話が成り立たない面もあり、ぎこちない感じでしたね。

 

 

2部でもメインでしゃべるのはこの2人、まぁ1部よりかは他のメンバーもちゃんと話していてよかったかな。

 

 

 

今日の目玉はもちろんえびとう産の夢幻歌劇なわけですが、一番面白かったのは2部MCの一幕のキャプテン責めですね。

 

 

(夢幻歌劇については後日独立記事を書きます)

 

 

キャプテンとはいぎなり東北産のマネージャーのことです。

 

 

ちなみに2部開演前に藤井校長が言っていましたが、校長とキャプテンは同い年(30代後半)だそうで。

 

 

「俺が老けてるのかキャプテンが若いのかどっちだよ!」と校長が言ってましたが、どっちもでしょうね

 

 

 

これがキャプテン(右端)。

 

http://www.ongakusyugi.net/datas/mst/album//69--ph_producer67_main.jpg

 

そして藤井校長。

 

 

やっぱりどっちもですね(確信)

 

 

そんなキャプテンを、水春を筆頭に桜エビと東北産15人で、ことごとく責めまくりました。

 

 

元々東京にいたキャプテンが志願して東北に移ったのは呑みのためだとか、宅飲みのくせに二日酔いがひどいだとか、一番ひどいと思ったのはスケジュールをメンバーに伝えるのが公式Twitterに情報を公開するのと同時だとかいうところですね。

 

 

メンバーも言っていましたが、マネージャーとしてこれはいかがなものなのか。

 

 

あとは2/19に東北産がオスグッド・コミュニケーションをやった時、音源をどこから入手したのか、だとかもありました。

 

 

 まぁ社内で音源は一括管理されてるもんなんじゃないんですかね?いやわからないけど、キャプテンが「なんとかボックスから…ちゃんと並んで買ったんだよ!」って言ってましたが、”なんとかボックス”は多分ドロップボックスのことで、スタダの共有データなんでしょう。

 

 

こんなことはどうでもいいんだよ←

 

 

 

 

 

 

ライブ自体は全体的にとてもよかったです。

 

 

バランスが取れている。

 

 

特に東北産は確実に伸びしろのある歌唱の持ち主がゴロゴロいたことに驚きました。

 

 

ほとんどみーんな喉声だから今のままだと危ういですけど、経験値を上昇させていくとともに改善されていくでしょう。

 

 

こういった点で、桜エビは東北産に劣っている部分がありますね。

 

 

特に某氏は早いうちに歌い方根本を変えていかないと絶対に上達しません。

 

 

敢えて名前は出しませんが。

 

 

 

 

 

 

卒業式

2018/03/10

昨日は、息子の卒業式でした。

息子は、卒業式に出ませんでした。
学校に、行かせるのにも苦労しました。

「僕は、みんなに見られるのが嫌だから、卒業式には出たくないんだ!!」

と言い張って、送って行った車から降りようとしません。

主人が、力ずくで下ろそうとしても降りようとしません。担任の先生を呼んでもダメです。教務主任の先生も来てくれました。

学校の、玄関に入ったところで、友達がやってきてくれました。

何とか、4Fの教室の所まで連れて行きましたが、部屋に入ろうとはしません。

結局、卒業式の会場の体育館のそばで待機することになりました。

卒業生の入場の時、息子は見つからないように隠れていました。

体育館の外から様子を見ていました。

他の子はちゃんと卒業式に出られるのに、なんでうちの子は得られないんだろう。

そう思うと、涙がこみ上げてきました。

多くの皆さんは、卒業式と言うと喜びの涙でしょうが、私の場合は悲しい涙でした。


こんなC++でSHA1を計算できた!*1
ページをいくつか参考にしてやったけど、結構面倒なんだね。

// SHA-1ハッシュの計算
// 参考: http://www14.ocn.ne.jp/~bkclass/doc_sha1.html
class sha1{
  typedef oauth::string_type::size_type string_size;
  typedef oauth::string_type::iterator string_it;

  inline unsigned long sha1_shift(const unsigned long bits,unsigned long word)
  {
    return (((word) << (bits)) | ((word) >> (32-(bits))));
  }
    
  unsigned long H[5];
  unsigned long A,B,C,D,E;
  unsigned long W[80];

  void init()
  {
      H[0] = A = 0x67452301;
      H[1] = B = 0xefcdab89;
      H[2] = C = 0x98badcfe;
      H[3] = D = 0x10325476;
      H[4] = E = 0xc3d2e1f0;
      memset(&W,0,sizeof(long)*80);
  }
    
  inline void loop(const int t,const boost::function<unsigned long(unsigned long,unsigned long,unsigned long)> calculate,const unsigned long Key)
  {
    unsigned long TEMP = sha1_shift(5, A) + calculate(B, C, D) + E + W[t] + Key;
    E = D;
    D = C;
    C = sha1_shift(30, B);
    B = A;
    A = TEMP;
  }

  const boost::function<void(int)> from00_to19;
  const boost::function<void(int)> from20_to39;
  const boost::function<void(int)> from40_to59;
  const boost::function<void(int)> from60_to79;

public:
  sha1()
    : from00_to19(boost::bind(&sha1::loop,this, _1,[](unsigned long B,unsigned long C,unsigned long D){return (B & C) | ((~B) & D);},0x5A827999)),
      from20_to39(boost::bind(&sha1::loop,this, _1,[](unsigned long B,unsigned long C,unsigned long D){return B ^ C ^ D;},0x6ED9EBA1)),
      from40_to59(boost::bind(&sha1::loop,this, _1,[](unsigned long B,unsigned long C,unsigned long D){return (B & C) | (B & D) | (C & D);},0x8F1BBCDC)),
      from60_to79(boost::bind(&sha1::loop,this, _1,[](unsigned long B,unsigned long C,unsigned long D){return B ^ C ^ D;},0xCA62C1D6))
  {}
  std::string operator() (std::string data)
  {
    init();

    const string_size length = data.length(); //元データの大きさ
    if(length==0) return "";

    //メッセージの拡張
    {
      data += (char)0x80;  //メッセージ終端に 0x80 の文字を追加
        
      for(int len = length+1; (len%64) < 56; ++len)
        data += (char)0x00; //メッセージが (64*n)+56 になるまで 0x00 を追加
    }

    //ビット長の付加
    {
      std::string bit_len = util::convert::dec_to_binary(length*8);
      if(bit_len.length() > 64) return ""; //8バイト以内にまとまらない・・・だと・・・・・・

      for(int len = bit_len.length(); (len%8)!=0; ++len)
        bit_len = "0" + bit_len; //バイナリが8の倍数になるように補充
        
      //長さを指定しないビットを埋める
      const int zerofill = 8-(bit_len.length()/8);
      for(int i = 0; i < zerofill; ++i)
        data += (char)0x00;

      while(!bit_len.empty())
      {
        data += (char)util::convert::binary_to_dec(bit_len.substr(0,8));
        bit_len.erase(0,8);
      }
    }

    //メッセージダイジェストの計算
    //書いてあったとおりに実装
    std::string result=""; //結果を挿入
    {
      unsigned char *block = (unsigned char*)data.c_str();
        
      for (int t = 0; t < 16; t++)
      {
        W[t]  = block[t*4  ] << 24;
        W[t] |= block[t*4+1] << 16;
        W[t] |= block[t*4+2] <<  8;
        W[t] |= block[t*4+3];
      }

      for (int t = 16; t < 80; t++)
      {
        W[t] = sha1_shift(1, W[t-3] ^ W[t-8] ^ W[t-14] ^ W[t-16]);
      }
        
      int t=0;
      unsigned long TEMP;
        
      for(; t<20; ++t)
        from00_to19(t);

      for(; t<40; ++t)
        from20_to39(t);

      for(; t<60; ++t)
        from40_to59(t);

      for(; t<80; ++t)
        from60_to79(t);
        
      H[0] += A; H[1] += B; H[2] += C; H[3] += D; H[4] += E;

      BOOST_FOREACH(unsigned long var,H)
      {
        std::string ss = util::convert::dec_to_hex(var);
        while(ss.length()!=8) ss = "0"+ss;
        boost::algorithm::to_lower(ss);
        result += ss;
      }
    }
    return result;
  }
};

頭の二文字ずつ、ビットに直してchar[20]に詰め込めば
20バイトのSHA-1計算値が作り出せる。
あとは、これをテンプレート引数として取る、HMACクラスをかけばCLX依存は無くなるかな。

*1:40文字表示だけど

2017/01/07の夕食

2018/03/02

今日は奥様に夕食を用意してもらいました。今年初、奥様の手料理が食べられます。今日は「春の七草」ですね。我が家の食卓にも七草が登場しました。

f:id:TOMOYASU:20170111121342j:image

バランスの良い料理ですね。いつも助かります。

f:id:TOMOYASU:20170111121353j:image

肉詰めピーマンの種は、宮崎県都城市のふるさと納税の返礼品「バイオ茶ポーク」のハンバーグを使っています。肉の旨みたっぷりの種でした。美味しくいただきました。

f:id:TOMOYASU:20170111121408j:image

大根と赤貝の缶詰を使った煮物だそうです。見た目は濃い色ですが、食べてみるとちょうど良い味です。赤貝の缶詰の煮汁、醤油と砂糖の味付けが絶妙で、美味しくいただきました。

f:id:TOMOYASU:20170111121421j:image

昨日の芋煮に七草とお餅を加えたそうです。香り豊かな七草でした。

f:id:TOMOYASU:20170111121450j:image

ともちゃんが昨日漬けた浅漬けです。シャキシャキした食感の白菜を美味しくいただきました。

今日の夕食も美味しく楽しい夕食でした。

SFCロス

2018/03/02

f:id:norijp01:20170620232838j:plain

SFC解脱してもう一か月が過ぎました。SFCカードの変更も終わり、次はダイヤ修行に突入!って言いたいところですが、修行でコスパ(PP)が染みついたせいか中々踏み切れません。

 

飛行機に乗りたいって思いながら実行に移せずモヤモヤが募る日々。いわゆるSFCロスでございます。

スポンサーリンク

 

 

  • 過去を振り返る
  • 修行している時が華?
  • SFCカードが輝いてない
  • 達成後の目的を明確にする
  • 新鮮な感覚で再度挑戦
  • まとめ

 

過去を振り返る

今年1月に始まった修行も2月前半でブロンズ直前。その後、想定外の仕事が入りました。それでも月2回程度国内を巡業?(笑)して5月でSFC解脱しました。

 

クワラルンプールへはエアチャイナとANAを利用し2回行きましたが、楽な旅で苦行知らず。その後沖縄、札幌へも短い滞在でしたが、ステーキを食べたりラーメン食べて終了しました。

 

唯一少しだけ疲れたのは、クワラルンプール帰りからの沖縄エコノミークラス搭乗だったと記憶してます。

 

SFC取得にはひとそれぞれの考えのもとに行動されていると思います。私の場合、楽に短期間で且つPPを抑えることが目標でした。

 

もっとも、途中予期しない仕事で計画はおくれましたが、振り返るとあっと言う間でした。

 

www.norijp.com

 

修行している時が華?

 

f:id:norijp01:20170621000931j:plain

同種のブログを読ませていただくと、一日エコノミー4,5フライトされて疲れた、しんどいと書かれている方も見受けます。時には海外までも・・・・

 

確かにしんどいですよね~ ごもっとも大変ですよね。

 

いかにPP単価を下げて目標達成を考えるとその様な手段もありです。一案です。そうかと思えば、ヨーロッパ・オセアニアへ短期でいっきにPP稼ぐ方もいらっしゃいます。

 

これはこれで行動力あるなぁと感心します。

 

私も含め、手段は違えどみんな目標は同じですから。それぞれに計画を建てて、僅かな時間を利用して任務遂行されてます。

愚痴をこぼしながらも達成の為にがんばってる方々を見ると、何故か今の私には羨ましいって思ってしまいます。この思いって私だけですかぁ??

 

短期でSFC取得された方はどうなんだろう・・・

 

当初はすべてが初物ばかりでしたからウキウキ感だけです。それも短期間で連続すれば普通感覚になります。

 

人間って恐ろしいです。あれだけプレミアム食に浮かれていたのも僅かな期間だけでした。

 

でも、飛行機に乗る予定が無い今ではもっと感動すべきだっとさえ思います。もっと言えば、もう少し時間をかけてじっくり楽しめば良かったかな?とも考えます。

 

SFCカードが輝いてない

修行が終了すると次の作業はSFCカードに変更ですよね。勿論私も変更しました。カードが到着した日には利用ガイドを隅から隅まで読みながら、キラキラしたカードを手に取り期待と妄想に更けました。

 

ワクワクドキドキ感がたまらなかった!

 

がしかし、利用しないとただのクレジットカードでございます。特典枠を活かした予約。空港では専用保安検査場とサラリと抜け、ラウンジを使用し、優先搭乗してはじめて価値あるカードなんです。

 

私のカードは今輝いてません。。。。

 

達成後の目的を明確にする

私がこんな感覚に陥った最大の理由は何でしょう?きっと取得後の目的を明確にしていなかったのが原因かもしれません。

 

SFCという言葉と様々なブログに踊らされてノリで始めた気もします。

 

確かに今後飛行機に乗る機会が増えればイメージどおりの恩恵を得るとは思うんですがどうなんだろう?

 

だったら早く乗れば?ってことですよね。でも未だにコスパを気にしてしまうのは、本当に乗って行きたいところが今無いからかも知れません。

 

修行のために行きたい所と本来行きたい所は違うんですかね?この辺は再度自身で考えてみます。

 

新鮮な感覚で再度挑戦

 

f:id:norijp01:20170621003803j:plain

グダグダ言っても始まりませんよね。元々SFCは過程であって私に限っては目標はダイアです。再度初心に戻りたいと思います。

 

しかし、修行まで時間が空くのでこれから秋までは陸マイラー修行に徹しながらダイヤ取得後の目的を明らかにしたいと思います。

 

多分??そして新たな気分で秋から再度修行したいです。

 

ダイア修行は、ANAからの贈り物もあってトータル的にはさほど費用は掛からないって話も聞くので信じます。

 

皮算用で計算すればそうらしいのですが?本当かなぁ やや不安

 

その間、先人の良き行動を調べる期間に充てます。またパクリかよって思ったあなた!正解です(笑)能力不足は認め先人にあやかります。キッパリ!

 

そして自由で楽しい時間をまた再開します。

 

まとめ

修行僧の行動は人それぞれです。でも目標は同じですよね。嬉しかったり、凹んだりしながらも進んでいく姿に共感します。

 

ただ、目標達成後のことをみなさんは考えてますか?闇雲に取得することにフォーカスし過ぎると一時的でしょうが、今の私のような感覚に陥る方もいるのではないかと思います。

 

取得後の計画もお早めに!

 

それではまた。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

しーゆー ねくすとたいむ いふ ゆー うぉんと !

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ

ニュース速報です!

 

寄せられた研究者関係の科研費や煩雑だった大学などでの会計処理の問題に対し、あちこち行き、主に文科省とのやり取りをしていた河野太郎衆議院議員。

 

www.taro.org

どれどれ研究者の皆様へ | 衆議院議員 河野太郎公式サイト

いわゆる「神エクセル」を次年度から廃止させ、更に今回、以下の報告で国立大学で、ローカルルールを統一し、会計処理の問題を改善しようと、文科省にたたき台を作成してもらっているそうです。これが、河野議員の報告の前半部分です。

 

 

本記事で伝えたかったのは、終盤に書かれた、国のアカハラ対策に関する短い報告です。

アカハラに関しては、国立大学の中から抽出して、調査しましたが、結論から言うと、学内での対応だけでは不充分であり、新年度からでも、学外の機関の活用を義務付ける必要があるのではないかということになりました。

(どれどれ研究者の皆様へ | 衆議院議員 河野太郎公式サイトより引用)

 

先々週の【「反アカハラ運動」の紹介+α】「文部科学省と各大学にアカデミックハラスメント対策を徹底し,被害者の保護とケアを最優先するよう求めます」(Change.orgより) - 仲見満月の研究室の「3アカハラに対する河野議員や文科省の動き201726時点」では、アカハラ対策に関する河野議員や文科省の新たな動きを伝え、天下りな研究者の皆様へ | 衆議院議員 河野太郎公式サイトをもとに、

  

・アカハラに関して、現在、文科省では旧帝大を中心に実態調査を進めている。

 そして、今週末(2月の第二週)には調査が一段落するとの報告をもらっている

 (*河野議員のところに「個別事案」が「数多く」寄せられている。

  しかし、河野議員は「調査権限もなく、個別事案に対応することは困難」)

  ・今週末の文科省の調査結果を見たうえで、独立した対応機関の設置等を検討予定

  ・河野議員はこの問題に対し「想定以上に大きな問題であるという認識」を持つ

(以上、天下りな研究者の皆様へ | 衆議院議員 河野太郎公式サイトをもとに仲見が情報を整理、【「反アカハラ運動」の紹介+α】「文部科学省と各大学にアカデミックハラスメント対策を徹底し,被害者の保護とケアを最優先するよう求めます」(Change.orgより) - 仲見満月の研究室より再掲

以上のように、文科省の指示で国立の七大学を中心にアカハラの実態調査がされ、その上で、本日のどれどれ研究者の皆様へ | 衆議院議員 河野太郎公式サイトにおいて、「学内での対応だけでは不充分であり、新年度からでも、学外の機関の活用を義務付ける必要があるのではないかということに」なったという報告が河野議員から出されました。

 

学外の機関の必要性は、【「反アカハラ運動」の紹介+α】「文部科学省と各大学にアカデミックハラスメント対策を徹底し,被害者の保護とケアを最優先するよう求めます」(Change.orgより) - 仲見満月の研究室で紹介しました

www.change.org

のキャンペーンにおいても

アカデミックハラスメント対応の徹底化」の策として、「学内ではなく外部に,専門のカウンセラーや人権問題を専門とする法曹関係者らからなる中立的な機関を新たに設けるべきである

(キャンペーン · 文部科学省と各大学にアカデミックハラスメント対策を徹底し,被害者の保護とケアを最優先するよう求めます · Change.org

を引用元に、仲見が【「反アカハラ運動」の紹介+α】「文部科学省と各大学にアカデミックハラスメント対策を徹底し,被害者の保護とケアを最優先するよう求めます」(Change.orgより) - 仲見満月の研究室でまとめた部分を再掲)

ことが訴えられていました。学外機関の必要性については、先に挙げた【「反アカハラ運動」の紹介+α】「文部科学省と各大学にアカデミックハラスメント対策を徹底し,被害者の保護とケアを最優先するよう求めます」(Change.orgより) - 仲見満月の研究室の「3アカハラに対する河野議員や文科省の動き201726時点」の拙記事をお読み頂き、ここでは割愛いたします。

 

f:id:nakami_midsuki:20170221190118p:plain

 

文科省が行ったアカハラ実態調査の結果より、少なくとも河野議員は、新年度からもアカハラ対策として学外の機関活用を義務付ける必要性を、実感として持っていることが分かりました。そういうわけで、2月6日の拙記事で紹介しました反アカハラ運動を展開する方々にとって、文科省と河野議員に対しては、アカハラ対策を徹底し、「被害者の保護とケアを最優先する」という交渉が現実的に可能な状況が近くなってきていると言ってもよいのではないでしょうか。

(各大学いついては、見解が出ていないようですので、私には分かりませんが)

 

なお、これまでのアカデミック・ハラスメント対策に向けた「反アカハラ運動」と国の動きについては、拙記事の【2017.2.16更新:目次】アカデミック・ハラスメント(アカハラ)に関する記事まとめ(外部記事含む) - 仲見満月の研究室の6アカデミックハラスメント対策に向けて反アカハラ運動と国の動きに、各下位記事へのリンクがありますので、ご確認頂けたらと思います。

 

 

<関連する重要な記事>

アカハラに遭い、適切な手続きを踏んで戦うためには、被害者になりがちな学生たちが「これはアカハラだ!」と認識でき、彼らが周囲に助けを求められるだけの自己肯定感、それから対外関係を築けるほどの精神的な成熟度、および心の耐久力を持てる必要があります。

naka3-3dsuki.hatenablog.com

↑そのような視点から、家庭環境や学校教育等の成長過程で、虐待やいじめに遭っても気づいてもらえず、心が幼いまま、大学生の年齢に達してしまった学生たちに対し、まずは、精神的に成長できるように支え、安定的な人間関係が築け、自立を助ける存在として、保健室と養護教員を大学・大学院にも置く必要性を書きました。